ゴルフ会員権のメリット・デメリット

ゴルフ会員権を購入するメリットには、ゴルフ場へ一人でも通えるようになることやゴルフ場主催の競技会に参加することができる、公式のハンディキャップが取得できるといったものがあります。ゴルフ会員権を購入すると、ゴルフをプレイする回数が増えるので、自然と上達していくことができたり、いろいろな人と知り合えるという点もメリットになります。反対にデメリットには、年会費がかかることや会員権の値上がりが期待できないことがあげられます。年会費はコースによってさまざまで、中には年会費のかからないコースもあります。ゴルフ会員権を買った時の価格より低い価格で売却することになっても、総所得に対する譲渡損失が認められますので、還付金を受け取ることができます。

ゴルフ会員権にはどんな魅力があるのか

ゴルフ会員権といえば、一昔前のバブル期には、資産として脚光を浴びていました。
しかし、現在では純粋にゴルフを楽しみたい人や、ゴルフの上達を考える人が購入しています。
ゴルフ会員権の魅力は、購入する事により多くのメリットが、あるからです。
そのメリットとは、ビジターより優先的に予約を取る事が出来ます。
利用する料金もビジターより割安でプレー出来ますから、プレーする頻度の高い人はゴルフ会員権を購入した方がお得です。
またゴルフ場主催の数々のクラブ競技に参加出来ます。
そして、多くのゴルフ仲間を作る事が出来ます。
プレーする機会が多く、同じ趣味の仲間とゴルフを楽しみたい人にとっては、会員権は大きな魅力があります。

ゴルフ会員権の特典

ゴルフ会員権の特典は、プレー料金が大幅に割安になったり、優先的にプレー予約が出来たり、月例競技やクラブ競技に参加できるようになります。
ゴルフ会員権を購入することで、予約がとりづらい土日でも優先的に予約することができ、タブーにされがちな一人での予約でも他のプレーヤーを融通してもらえることが多いため、プレー可能な場合がほとんどです。
割高になりやすい土日でも割安な料金でプレーすることができるため、プレー回数が自然と増えていきます。月に数回しかプレーしない人でも週末や祝日にプレーすることが多い場合などにはメリットの方が大きくなります。
また、自分のホームコースを持つことで、いろいろな人との交流を持つことができ、上達の契機にもつながります。

ゴルフ会員権の財産評価について

ゴルフ会員権を相続した場合など、財産評価について知っておく必要があります。
取引相場のある会員権の場合は、被相続人の死亡日、贈与された場合は贈与によって会員権を得た日の取引価格の7割に相当する金額で評価されます。この場合、取り引き価格に含まれない預託金などがある場合は、様々な金額との合計額によって評価されるため、注意が必要です。取引相場のない会員権の場合は、二通りに分かれます。株主でなければゴルフクラブのカインになれない場合は、評価した課税時期での株式としての価額に相当する金額で評価されます。株主であり、預託金を預託しなければ会員になれない場合は、会員権について株式と預託金に区分して、それぞれ評価していきます。

ゴルフ会員権の贈与税について

本来、ゴルフ会員権というのはゴルフ場の利用する権利を示すものですが、社会的なステイタスを有するようになり、資産価値が高く、市場で取引がされるようになりました。よって、ゴルフ会員権は、税制上の固定資産として扱われ、他人に譲る場合には、贈与税が掛かることになります。
贈与を受けた人は、その会員権の時価に対して7割を評価額とし、その評価額から基礎控除の110万円を差し引いた金額に贈与税が掛かります。その税率は、累進課税制度に則って評価額が高いほど税率も高くなり、200万以下なら最低税率の10%です。平成26年の時点で最高税率は概ね50%ほどになりますが、平成27年から変更され、最高55%ほどとなります。

ゴルフ会員権を紛失した際の対処法

ゴルフ倶楽部の利用権であるゴルフ会員権は、そのステイタスから資産価値を持ち、市場での取引がされています。その会員権をなくしてしまった場合どのように対処すればよいのでしょうか。その方法は、ゴルフ場によって異なりますが、紛失届けを提出すれば再発行してくれるところもあれば、200円程度の手数料が必要な場合もあります。ネームプレートや帽章をなくした場合も同様です。
一方、一部のゴルフ倶楽部の場合は、より煩雑な手続きが必要な場合があります。裁判所による公示催告や除権判決を求められるケースです。これらは本来有価証券を紛失したときに必要な制度で、会員権の価値の特殊性がうかがえます。また、連帯保証人が必要なケースもあるようです。

ゴルフ会員権の税金対策

ゴルフ会員権は、会員制のゴルフ場を利用できる権利です。会員であれば、会員権のないビジターより割安でプレーすることができ、優先で予約することも可能です。また、クラブの競技会などに参加する資格も取得できます。会員権は、専用の市場で取引されています。株式のように時価で売買されますが、市場に出てない場合は、買うことができません。
既に持っている会員権を売って損が出た場合、平成26年3月31日までに行った分は損益通算することができましたが、平成26年4月1日以降に行った分については損益通算することができなくなりました。
相続で取得する場合は、時価の70%の評価額となります。現金で相続するより税金がかからないので、ゴルフ会員権を持つことは税金対策に有効でしょう。

ゴルフ会員権の業者の見極め方

ゴルフ会員権の購入や売却を検討し始めたという人の場合、その手続きを委ねるゴルフ会員権業者選びがとても重要になってきます。ゴルフ会員権の購入や売却ではかなりまとまった金額が動くことも珍しくはないからです。そのため、業者を選ぶ際には検討に検討を重ねたとしても決して無駄にはなりません。
これから会員権を購入しようと考えたり、あるいは売却しようと考えた場合、多くの人は何らかの媒体の広告やネット上での広告を参考にするはずです。しかし、ただ単に広告に書かれている内容を鵜呑みにしているだけでは安心できません。本当に信頼の置ける会社であるかを見極めるには、実際にその会社に足を運んでどのような雰囲気を持ったところであるのかを確認しておくことも大事です。